in progress 4

連日連夜、
作業の方は、続いております。

だいたい、
いいトコロまで、
進んではいますが、
まだまだ、
予断を許せない状況です。


そんな訳で、
コツコツと仕上げてました、
ウチのショウバイク、
ほぼ外装のペイントは完成です。

ま、小出しの画像でも、
見てお分かりの通り、
昨年の今頃、MIXED NUTSから続く、
シェイキン的、
PATINA CLACKERS PAINTの集大成。



雰囲気は個人的にも大好きな'60S、
今、他のペイント作業と平行して、
各部組み立ての真っ最中、
その全貌はショウ会場、
”Early days Chopper Extravaganza”
のコーナーでチョックよろしくでございます。




オーソドックスで
コンサバな組み合わせながら、
少しだけひねりも効いた、
残りの2台も最終段階まで来ています。
もう少しです、ハイ。





それにしても、
マジで、大丈夫なんでしょうか、
今年はホントヤバい気がしています。

こんなにヤバいのは
2004年のクールブレーカー以来の
ような気がしています。
あの時は搬入日の朝まで2日間寝ずの作業でした、
あんなのは絶対にイヤですW

さ、搬入日の涼しい顔の為に、
もう一踏ん張りします。

にしても、溶剤と水研ぎで指先がボロボロです(涙)。
20年やってもこれは変わらないですね〜、
乾燥でヒビ割れて痛いのなんの、、、。
指先に代わる高感度センサーの水研ぎマシンとか、
出来ないもんですかね〜、、、、。

あ、ヤバいヤバい、話がまた、妄想になってきました。
それでは、作業を続けますWWW



起きて!オレ!






Comments