23rd annual Yokohama HotRod Custom Show 2014

無事に終了しました、
今年のホットロッドカスタムショウ。
"SHIZUKANI"キャンペーンの中、
日曜日の朝は、
鳥のさえずりも聞こえるくらい
ひっそりとした、
文字通り静かな、
ショウのオープニングでした。

そして、
フタを開けてみれば、
人、人、人の大盛況。
凄いの一言、感無量って感じでしたね。

1998年、初のピンストライプギャザリングから、
毎年欠かさず参加しているシェイキンとしては、
本当に嬉しい一日でした。

今年は、
裏方に徹するというか、
ギリギリまでショップさんのペイントに
関わって、その各ショップさんとの、
苦労の共有と言うか、
ビルダーやオーナーさんとの同じ時間を共に出来て、
その仕上がりをあの会場で見る事が出来て、
なんともペインター冥利に尽きるの一言でした。

ブースにも、大勢の方が遊びに来てくれて、
オーダー入れて下さったり、
ホント沢山の繋がりも出来て、
いやはや、嬉しすぎる一日でした。

会場の写真は残念ながら
たいして取れてません、、、。
それぞれFBやインスタでアップされてるかと
思いますので、
ぜひチェックしてみてください。

個人的には、
広島、平和MCの10周年トライアンフが、
いつもにも増してスピード感あふれる仕上がりで、
最高でした。

ペインター目線で行くと
紫雲、松村君のパンヘッド、
何と言っても間違いなく僕の中ではBest Paint!
素晴らしかったです。

それから、
ゲストのTom Fugleと会えた事、
本人から直接バックルを購入して、
ベルトがコンプリート出来た事は、
何よりの思い出です。




最後に、
シゲさんはじめ、ワイルドマン、
このショウの運営に関わったムーンアイズスタッフの皆さん、
本当に今年は大変だったと思います、
お疲れ様でしたと何回言っても足りないくらいです。
ありがとうございました。
エントリー側というより、
1オーディエンス目線で、
丸一日、最初から最後まであっという間、
大興奮しっぱなしの23回目のHRCSでした!




Comments