R.I.P.

久しぶりに、自分でもウケる位泣きました。
でも、最後の最後で顔を見る事が出来て本当に良かった。
集まったいつものメンツも、
みんな自分なりに気持ちの整理がついた感じで、
その晩は献杯。
最初こそしっぽりだったけど、
騒いでなんぼの供養ってな感じで、
30分もしないうちにいつもの大騒ぎ。
絶対、あいつもココに居るよって気がしてならなかった。

最後は思い出し笑いと悲しいのが、
酔っぱらってとごっちゃになって、
涙なのか、鼻水なのかわからないくらいの状態で。

そうこうして、
週末、怒濤のイベントと相まって、
すっかり風邪を引き、昨日まで寝込む始末(爆)。
インフルじゃなかったから良かったものの、
きっとサクボーからもらってきたかな〜、
だったら、少し嬉しいなぁ〜、
なんて思ったりして、熱にもうろうとしながらも、
今朝方だいぶ下がったので、無事今日から復活で、
遅ればせながらコレを書いてます。






まぁ、何しろ、
楽しかった事しか思い出せないね。

ここ何年かのイベントには、
プライベートも含め、
必ずその場に居たから。

まったく酒が飲めないでの、
ぶっちぎりのあのテンション。

いつも会話の中心に居て、
そのワリに年上には気を遣い、
年下には面倒見がイイ。

ホント、ホントーに、
サイコーなヤツでした。


逝っちまうには早すぎたけど、
今は年末に2人で大阪に旅出来たのが、
サイコーの思い出かな。
車中では、たわいもないハナシばかりだったけど、
素の部分がお互い見せられた気がしたな〜。


at : Rat Pack / osaka  the world



きっと何かにつけてあいつの話題はちょくちょく出るはず、
いつまでも俺たちの心の中で走り続けてくれてるはず、
あのキャラクターは、そうそう忘れる事なんて出来ないよ。




↑at : Over the Wall 2011 / Nagano








R.I.P.   
Hirotaka Sakurai
1976~2012






Comments